お金・税金

2021年4月施行の総額表示についてのルールまとめ

坂井

2年間の準備期間をもって4月1日から総額表示が義務化されます。

今までは『1,000円(税抜)』がオーケーだったのですが、4月1日以降は 『1,100円(税込)』と表示しなければいけません。

ようは総額がいくらかをお客様にわかりやすく表示しないといけませんよ!というルールになるんですね。

どこの媒体を変えれば良いの?

これはもう全てだと思ってもらえれば間違いないです。

参考までに媒体をあげると

  • 値札、商品陳列棚、店内表示、商品カタログ等への価格表示
  • 商品のパッケージなどへ印字、あるいは貼付した価格表示
  • 新聞折込広告、ダイレクトメールなどにより配布するチラシ
  • 新聞、雑誌、テレビ、インターネットホームページ、電子メール等の媒体を利用した広告
  • メニュー、ポスター、看板など

こんな感じです。

なので、今からチラシを作ろうと思っている方は注意を!

税込み表示になっているかをしっかり確認しましょうね😊

変更しないことによる罰則は?

変更しないことによる罰則は今のところありません。

なので万が一間違った表記をしてしまっても罪にはならないので安心してください。

ただ、やっぱりルールを守っておいた方が各方面からの印象は良いので変更しておきましょう。

 

総額表示のOKパターン

まずはOKパターンから見ていきましょう。

  • 11,000円
  • 11,000円(税込)
  • 11,000円(税抜価格10,000円)
  • 11,000円(うち消費税額等1,000円)
  • 11,000円(税抜価格10,000縁、消費税額等1,000円)
  • 10,000円(税込11,000円)

総額表示のNGパターン

続いてNGパターンを見ていきましょう。

  • 10,000円(税別)
  • 10,000円(税抜)
  • 10,000円+税
  • 10,000円(税抜価格)
  • 10,000円(税別価格)
  • 10,000円(本体価格)
  • 10,000円+消費税
  • 10,000円*表示価格は税別です
  • 10,000円*価格は全て税抜価格です

総額表示に関しての情報はこんな感じです!

物販用の商品を扱っている方は少し大変かもしれません。

また、ホームページに掲載する料金表を画像で作成している方も今のうちに対策を取っておくと焦らないかもしれません。

坂井
しっかりルールを守って、患者さんにわかりやすい表示価格に変更しましょう!

コンテンツ検索

ひとり治療家をサポートするオンラインサロン

治療家の黒子ではWEB集客方法の発信やニュースレタ代行、様々な専門家によるzoomセミナーを行っています。

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

坂井一輝

【経歴】柔道整復師免許取得⇒整体院経営⇒WEBサポーター・パソコン教室パレハ代表【活動】治療院のSEO対策・集客コンサル。また、治療家が働きやすい環境が整うように活動しています。

-お金・税金

© 2021 治療家の黒子 Powered by AFFINGER5